布団のクリーニング代の相場と効果

布団のクリーニング代の相場と効果

category01

布団のクリーニング代の相場はまず素材によっても違います。
掛布団のベビーサイズで羊毛、綿、麻等は2500円からですし、羽根や絹なら3600円からですし、羊毛、綿、麻等でシングルでも4300円から、羽根、絹なら5400円からです。


勿論クリーニング業者によっても値段が異なるので注意が必要です。
また、折り曲げ可能なマットレスや寝袋、シーツやカバーや敷パットもクリーニング可能です。

布団のクリーニングの補足説明を致します。

しかし、シルクや真綿素材だと追加料金が発生することがあるので注意が必要です。
同時に防ダニ加工や抗菌加工等をする場合は別途料金が発生します。

抗菌加工は大腸菌や黄色ブドウ菌、サルモネラ菌、MRSA、セレウス菌、カビ等幅広い菌の種類に有効です。



効果は大体半年から1年です。


肌掛布団のクリーニング代は掛け布団の6〜7割程度の金額です。また、クリーニング代が高く感じる場合は、コインランドリーで自分で洗う方法もあります。

但し注意点もあります。

キルティングのない物はバラバラになるので洗えないし、綿や毛100%の物も洗えません。打ち直しした布団も避けた方が良いです。
中身の偏りを無くすために丸めて2〜3か所紐で縛っておいてください。

因みにコインランドリーだと1500円位で済むので非常に安価です。
乾燥も1時間くらい乾燥機にかけて下さい。



カビの発生の原因にもなります。また、洗濯絵表示も必ず確認しておくようにしてください。

取り扱い方法が記載されています。

生活関係の真実

category02

布団の中でも肌掛布団になれば、薄手のものなら自宅の洗濯機で洗うことができ、また二重布団であっても水洗いが可能な素材であればコインランドリーで洗濯することもできます。しかし、羽毛布団となればクリーニングを利用しなければなりません。...

subpage

大事な生活の事

category02

冬の寒さも羽毛布団があればあたたかく眠ることができますが、寒い時期の布団であっても寝ている間に人はたくさんの汗をかいていることになり、汗によって湿気やにおいが付着したり、それが原因となってダニが発生したりダニの死骸が残ってしまうこともあります。洗濯機では洗うことができないためにクリーニングに出す必要がありますが、一枚だけでもクリーニング代は高額なことからついつい節約と思って出さずに済ましている人も多いでしょう。...

subpage

生活入門

category03

羽毛布団は頻繁に洗濯をしなくてすむというメリットがありますが、それでも定期的にクリーニングを利用したほうが長持ちさせることができます。夏の間にクリーニングをしておけば保管スペースを用意しておく必要もありませんし、乾きも早くなるので便利です。...

subpage

難しくない生活

category04

クリーニングに羽毛布団を出そうと思っても、車を持っていない人にとっては店舗まで持って行くのは難しくなるため、店舗のスタッフに取りに来てもらえる配達サービスを利用することになります。しかし、仕上がり後にも届けてもらうという二度の出張サービスとなるために、配達の料金は高額となってしまいます。...

subpage